31歳男、原因不明の体調不良でイタコに霊視をしてもらいました

30代のトラックドライバーをしていますが、高速道路が事故で規制をされていたので、下道を通って走ったことがありました。山を切り開いた道路だったため、周囲は森で囲まれていて鬱蒼をしており、夜中に走るのは少し気味悪いと感じました。しかし時間通りに配送をしなければならなかったのでトラックを走らせていたところ、急に道路に飛び出してきた鹿がいました。とっさにブレーキをかえたものの間に合わず、鹿をひいてしまいました。トラックから降りて確認をしたところ、鹿はすでに死んでいたこともあり、道路の端によせて道路を管理している部署に連絡を入れておきました。鹿といえども生き物ですから、何となく嫌な気持ちになりましたが、仕事をするうちにその記憶は少しずつ薄れていきました。しかしその後、体が不調を訴えるようになったので医療機関で検査を受けましたが、原因は全くわかりません。しかも体調が悪くなるのが決まって雨が上がった日の夜中だということに気味悪さを感じていました。上司に相談をしたところ、霊に取りつかれているのではないかと言われたので、不安になり上司に紹介されたイタコに見てもらうことにしました。そのイタコは東北地方の山の中で行っていて、霊視をしたり、取りつかれた霊を追い払うこともしてくれます。半信半疑でしたが、上司が結構信心深い人で絶対にみてもらったほうがいいというのでお願いをしました。イタコに向き合ってこちらが口を開く前に、動物の霊が取りついているといわれました。動物をいじめたりしたことはないかといわれたものの、全く思い当たることはありません。それでも考えていたら、鹿をひいたことを思い出して、それに間違いないといわれました。すぐにお供え物をして供養をしなさいと言われたので、イタコに渡されたお札と一緒に鹿をひいた場所にお供えをしました。イタコからは、その鹿はその山でも権威があったのだろうと言われました。お供えをしてから体調不良はなくなったので、本当に動物の霊が取りついていたのかもしれないと、少し怖く感じました。